10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

母の日一泊温泉旅行@箱根~その3~

2014.05.16 (Fri)

母の日温泉旅行、最後のイベントはお昼ごはん

自分で好きなお箸を選んで、お料理が来るのを待ちます

DSCF3270 (480x360)

アミューズ。
このちょこちょこ感がいいです


DSCF3289 (480x360)

ワインはロゼのスパークリングにしました。
ニコちゃんマークがかわいいです。


DSCF3276 (480x360)

私が選んだ前菜。
ささみとアスパラなどのテリーヌです。


その他の前菜は

DSCF3274 (360x480)

ホタルイカと山菜のリゾーニ。


DSCF3273 (480x360)

山菜と生ハムのサラダ。


DSCF3271 (480x360)

パンにつけるのは豚のテリーヌとオリーブオイル。


DSCF3272 (360x480)

この日は特別で(?)ルッコラのソースもありました。


DSCF3277 (360x480)

全員同じ、金美にんじんのスープ。


DSCF3279 (360x480)

あっという間にスパークリングワインのボトルは終わってしまったので、赤ワインのハーフボトルを。
母親2人は飲まず、娘2人でクピクピと


DSCF3282 (480x360)

私が選んだメインは、鰆のムニエル。


その他のメインは、

DSCF3285 (480x360)

牛ホホ肉の赤ワイン煮。


DSCF3283 (360x480)

イサキと海老のロール焼き。


DSCF3281 (480x360)

豚のポルケッタ。


DSCF3288 (480x360)

一口サイズのごはんとお味噌汁とお漬け物。


DSCF3293 (360x480)

私が選んだデザート。
オレンジのシブースト。


その他のデザートは、

DSCF3294 (360x480)

いちごのスフレ。


DSCF3295 (360x480)

抹茶のババロア。


あとは、コーヒーか紅茶が付いてます。

満足、満足
一皿の量は結構少な目なので(特にメインは二口でイケちゃう!!)、ガッツリ食べたい方は品数多めのコースにした方がいいと思います。
そして、和の要素が大きいので胃にもたれることがありません。なのでお客さんの平均年齢も高めです~。

ゆっくり2時間以上かけて食べたので、お腹いっぱいになりました。
あとは、帰るだけです。


飲んで&しゃべって&食べて&温泉に入って、の女子会
この楽しさはたまりません~~。

次はいつ行けるでしょうか??







スポンサーサイト
14:25  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

Comment

おいしそうで豪華なランチいいですね~♪
イヴォンヌ |  2014.05.16(金) 19:58 | URL |  【編集】

こんばんは

創作料理ですか?
器も素敵だし、お料理がどれも美味しそうです。
目でも楽しませてくれるお料理っていいですよね。
それだけで来たかいがある!って単純な私は感激しちゃいます。

私もここに行ってみたい!
brosa |  2014.05.16(金) 20:14 | URL |  【編集】

金美にんじんのスープおいしそう~~

女子会、裏山鹿~

昨日は飲み会~上品な量でシネマ家に帰って一人3次会しました~

白玉団子&焼酎ストレート~

やっぱり、〆にラーメンやさんいかないと・・

シネマ大好き娘 |  2014.05.17(土) 04:54 | URL |  【編集】

イヴォンヌさん、
お値段はリーズなブルなんですよ~~。予約客でいっぱいでした(^^)


brosaさん、
かなり和食よりのフレンチですね~。なので、胃もたれすることなく美味しく最後まで頂けました(^^)
えりぷー |  2014.05.22(木) 21:36 | URL |  【編集】

シネマさん、
お野菜たっぷりで美味しかったですよ~~(^^)ワインもしっかりと飲んできました♪
白玉団子に焼酎ストレート、いいですね(^^)
えりぷー |  2014.05.22(木) 21:38 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eri62.blog68.fc2.com/tb.php/819-08868e2c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |