10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

女子会@四谷・荒木町

2013.02.02 (Sat)

昨日は、母+私+母の友人(母と同い歳)+母の友人の娘さん(私とほぼ一緒の歳)の4人で女子会をしました

こういうパターンの女子会もなかなか面白いものです。全員がベラベラとしゃべりまくり、とても楽しい時間があっという間に流れていきました

お店は前に一度行ったことのある荒木町にあるワインビストロを選んでみました金曜日でしたが予約とれてよかった~~。

一皿の量は少ないので、4人でいろいろ食べられました

DSCF8147 (360x480)
タラとポテトのブランダード。これ好きなんです♪

DSCF8151 (480x360)
鶏レバーとフォアグラのフォンダン。
レーズンが入っていてちょいと甘めです。

DSCF8152 (360x480)
上州ネギのサラダ。
ネギは煮てますが、シャキシャキ感が残ってます。

DSCF8154 (360x480)
白子のムニエル。
濃厚~~。美味しい♪

DSCF8161 (480x367)
広島牡蠣のムニエル。
プックリしていてこれまた美味しいー。

DSCF8159 (480x360)
鯖の燻製のサラダ。
燻製流行ってますねー。

DSCF8157 (360x480)
自家製ソーセージ。
ピリ辛でレンズ豆との相性もよかったです。

DSCF8162 (360x480)
海老とブロッコリーのトマトクリームパスタ。
意外とあっさりしてました。

DSCF8156 (480x360)
フロマージュ盛り合わせ。

いろいろなものをちょこちょこ食べられて大満足でした
また行きたいお店です。

そして、またこのメンツでの女子会をする予定です




スポンサーサイト
21:39  |  外ごはん  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

女子会いいなあ~~裏山鹿~
シネマ大好き娘 |  2013.02.03(日) 05:55 | URL |  【編集】

親子同志の女子会なんですね〜
盛り上がりそうだしおいしそう♪
イヴォンヌ |  2013.02.03(日) 19:01 | URL |  【編集】

こんばんは

なるほど確かに女子会ですね。
おもしろい組み合わせ。。
私も何年かしたら、こういうのをやってみたいです。

白子のムニエル、牡蠣のムニエル
どれも美味しそう。
鶏レバーとフォアグラのフォンダン!
なんてしゃれてるの。。v-10
時間忘れてしまいそうですね。
brosa |  2013.02.03(日) 20:11 | URL |  【編集】

どれも食べた事の無いような料理ばかり!
色々食べれて、女子会にピッタリの料理ですね
こりゃ、話もはずむはず♪
お母様と女子会、良いですね^^v
くまりん |  2013.02.04(月) 06:00 | URL |  【編集】

おぉぉ!ワインビストロだけあってどの料理も一杯やるのにもってこいのラインナップですねぇ(^o^)/
こんな料理で宴会したらポンポンとワインボトルが空いていきそうですね(^o^)b
和菓子屋Yoshi |  2013.02.04(月) 12:10 | URL |  【編集】

シネマさん、
女子会楽しいですよね~~(^^)


イヴォンヌさん、
親子同士の女子会ってなかなかないですよねっ。面白かったです♪
えりぷー |  2013.02.04(月) 13:59 | URL |  【編集】

brosaさん、
平均年齢がかなり高い女子会です(^^;)
brosaさんもお嬢さんが大学生くらいになれば出来ますね♪
お料理はどれも美味しかったです~。


くまりんさん、
一皿の量がそんなにないので、いろいろと頼めてとても満足でして(^^)
親子同士の女子会もなかなか楽しかったです♪
えりぷー |  2013.02.04(月) 14:02 | URL |  【編集】

Yoshi さん、
ワインを飲むための美味しいお料理ばかりで、エンドレスになりそうでした(^^)
お店はこじんまりとしていますがm、満席で全員がワイン飲んでました♪
えりぷー |  2013.02.04(月) 14:08 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eri62.blog68.fc2.com/tb.php/643-e79f363a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |