05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

究極のガトーショコラ♪♪

2013.01.28 (Mon)

先日、レシピブログさんのご招待で「ガトーショコラ教室」に行ってきました

スイーツ好きの方なら必ず「おおーーー♪」っと声を上げる、ケンズカフェ東京さんのガトーショコラ。
テレビや雑誌や書籍などでも多く取り上げられ、多くの人に愛されているガトーショコラ。
もともとレストランのプレートデザートとして出していたものがあまりにも美味しいということで持ち帰りや購入希望者が続出し、口コミで広がり、現在のガトーショコラ専門店になったのです。

この人気のガトーショコラのレシピをシェフの氏家健治さんから直接レッスン頂けたわけです

DSCF8084 (480x360)
お店は新宿御苑駅の近くにあります。

DSCF8013 (480x360)
中に入ると、材料や道具が揃えられていました。

DSCF8016 (360x480)
あ、もうガトーショコラがある~。

DSCF8017 (360x480)
シェフからは、まずはガトーショコラを販売するに至った経緯や高級な材料の説明などをして頂きました。

さあ、デモの始まりです

チョコレートはヴァローナ社「グラン・クリュ・ショコラ」、バターはカルピス社「カルピス特撰バター」、卵は昔の味たまご農場社「昔の味たまご」を使っているそうです。
粉やココアは一切使いません!!

チョコ+バター+砂糖+卵。
カロリーを考えたらかなり恐ろしいです

シェフ曰く、「ごはんは毎日食べないといけないものだけど、お菓子は食べなくても生きていける。材料やカロリーを考えたら食べ過ぎは体によくない。そういうものだからこそ美味しくないといけない」とのこと。その通りですよね!!

湯せんでチョコを溶かし、

DSCF8046 (480x360)
大量のバターを投入。

この後、砂糖を加え、卵を濾しながら加えて混ぜていきます。

作り方としてはこれだけ。私でも出来そうです。
誰にでもできるレシピですが、このお菓子(1本3000円します)が売れに売れているということはやっぱり何かプロの技が光っているのでしょうね~。

お店のガスオーブンで13分焼きます。
焼いている間に作って頂いたショコラショーをみんなで試飲。甘さが控えめで美味しかったです

DSCF8068 (480x360)
いろいろなサイズのものが焼きあがりました。
いい香りが充満しています。

テーブルに戻り、試食です。

冷やしたもの、常温のもの、焼きたてのもの、の3種類を味わいました。
それぞれ全く違った美味しさがあってびっくりです。

DSCF8081 (360x480)
いちごと一緒に食べるとこれまた美味しい~。

あっという間の2時間。
はっきり言ってスイーツ好きではなく、さらにお菓子作りはめったにしない私でしたが、たくさん楽しめました

シェフは気さくな方でした。お店と全く同じ材料・レシピを教えてくれる太っ腹なところがすごいです


そして、お土産にはガトーショコラみんなから歓声があがってました。

DSCF8085 (360x480)
お店で出されているものと全く一緒。

次の日に早速頂いてみました。好みの常温の状態で

DSCF8097 (360x480)

この時期なので常温で置いておきましたがほぼ冷蔵に近かったです。濃厚~~。
レンジで10~15秒チンしても美味しいそうなので、次回やってみよう


さて、教室の帰りにかわいい食器屋さんに吸い込まれるように入りました。

DSCF8095 (360x480)

ちょっとのぞくつもりが、たっぷりと買い込んでしまいました~~
しまうところを探すのが大変です

スポンサーサイト
20:20  |  イベント  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

おお~~~バレンタインも、これでばっちしですね~~~

チョコ~ワインのあてに食べます~v-10
シネマ大好き娘 |  2013.01.29(火) 06:05 | URL |  【編集】

シネマさん、
濃厚&リッチなガトーショコラですよーー。
とっても簡単なのでシネマさんも作ってみてはいかがですか??
えりぷー |  2013.02.01(金) 11:24 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eri62.blog68.fc2.com/tb.php/640-09a383bb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |