08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

虫垂腫瘍かも!?入院・手術日記(その2)

2012.11.08 (Thu)

★これは、10年前から何度も急性腸炎という診断をうけていたのに、結局今年8月に「虫垂腫瘍」の疑いありとされ、10月に入院・手術⇒退院するまでのあれやこれやを日記にしたものです

『一泊入院!!』

8月、ラオス・ベトナムから帰ってきて1週間後くらいの土曜。まだまだ旅の余韻に浸って、お土産を見てはニヤニヤしていた夜、イヤーな腹痛が数年に一度やってくるあの痛みに違いない。。

さっさと寝てしまえばいいのだと思って早めに布団に入ったのですが夜中も痛くてしょっちゅう目が覚め、そのまま朝まで。かなり痛くなって汗がびっしり日曜日だったのですが、我慢ならなくなって朝必死に救急外来のある病院へ~。

救急車を呼ぶのは嫌だったので、ヨレヨレしながらもバスで行きました

結構な人がいたのですが運よくそれほど待たずに診察室へ。いつものことなので痛み止めの注射を打ってもらって薬もらって帰るもんだと思ってました。それが先生はうーんとうなってなかなか注射をしてくれない

「血液検査をしましょう」
え~~、今はこの痛みを何とかしてほしいのにぃ。

採血をしてまた待たされ、再度診察室へ。
「ちょっとねえ、うーん、痛いところ申し訳ないですが、CTを撮りましょう」
え~~、まだ何もしてくれないのぉ??

CTを撮り、そこからが長かった~。その間に救急車で運ばれた人がいて診察してくれた先生がそっちに回ってしまったので、待合室で数時間ほとんど椅子に横たわってひーひー言ってました。。

何時間待ったかわからなくなった頃、結局最初の先生は救急患者さんにかかりっきりで他の先生に代わりました。

「え~~、検査の結果やはり虫垂炎ですね。しかも虫垂の中に水が溜まってます」
「はい??」
「手術するか、しないか、どーしますか?」
若くてイケメンの先生は爽やかに言います。

「は?手術?しなくてもいいってことですか?」
「そうです。でも、これだけ何度も繰り返しているからまた絶対痛くなりますよ」
「しなくていいなら今回はまた薬で何とか。。」
「うーん、またきっと痛くなりますよ」
イケメン先生は淡々と話します。

「いや、でも手術いやだし。。。」
「はい、では今から入院です。ごはんも水も今から取ってはいけません!」

入院ですとぉ生まれて初めてです。しかも今すぐ一応手術しないと言っているのだけど、緊急手術の場合を考えてレントゲンも撮り、そのあとすぐに点滴が入れられました。

看護師さんが、
「すいませんねー、ここしか部屋が空いてなくて」
ん???私は「すいません」の意味がわかりません。

連れて行かれた病棟は明らかに患者さんの平均年齢が高い。何の病気の人が集まっているかはわからないけど、私の祖母くらいの人がいっぱい。

母が到着し、その後病室にイケメン先生が来ました。

「まずは腸を休めましょう。水も飲めませんよーー」
テンション下がります

そこへ母が聞きました。
「先生、日頃の暴飲暴食が原因なのでしょうか??」
「いーえ、関係ありません」

そうよね~。私は暴飲はしてても暴食はしてないもんね~。
生活習慣とは全く関係ないようです。

残念なことにイケメン先生は当直担当だったようで、
「明日になれば担当の先生がきますからそれからですね」


今まで救急外来を何度か訪れているのですが、たまたま毎回内科の先生でした。今回は外科の先生だったのですが、それが幸いしたのか(別に内科の先生がダメだと言っているわけではありませんがー)、10年苦しんでいた原因を突き止めてくれたわけです。感謝しなくちゃいけないわーと思いながら、暇な時間を過ごしました。
水が飲めないツラさは歯磨きで何とかしました。

腹痛と一言で言っても自分では具体的にどこの臓器が痛いのかわかりませんよねー。
最初の診断って、とても難しいのだなーということをつくづく感じました。


その3へつづく

その1はこちら







スポンサーサイト
13:22  |  入院・手術日記  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

大変でしたね。でも、無事手術も成功されて本当に良かったです^^
我が家の長男も府立大に着いたとたんに「手術をします」って突然言われた事が有りました。府立は病院食は美味しいそうで、本人も美味しいと言ってましたが、口腔外科だったので、鼻からチューブ食の最初でした。。。
次の検診は冬休みです。。。
そんな彼は手術は3度しました(只今、高2)
色々参考に成るので、続編を宜しくお願いします^^
でも、本当に元気に成られて良かった^^
いにわ |  2012.11.08(木) 17:22 | URL |  【編集】

今は虫垂炎の手術って入院短いんじゃないの?!

手術したのかな~気になります!
イヴォンヌ |  2012.11.08(木) 19:44 | URL |  【編集】

今のお医者さんは専門が細かく分かれすぎていて専門以外のことは分からないのが困ります。
10年も原因が分からないで、手遅れにならないで良かったですね。
ユメミー |  2012.11.08(木) 23:40 | URL |  【編集】

大変でしたね~~

シネマは、手術したことないです~~

怖いですね~
シネマ大好き娘 |  2012.11.09(金) 08:18 | URL |  【編集】

あひゃ~大変でしたねぇ(ToT)
そうなんですよね~救急で入っても自力で来た人と救急搬送だとどうしても搬送優先になっちゃうんですよね(>.<)
内蔵系はホント痛みがあっても見えないので不安になりますよね(^o^)b
和菓子屋Yoshi |  2012.11.09(金) 11:45 | URL |  【編集】

いにわさん、
有難うございます。
長男君もいろいろ入院&手術されてましたよね。若い男の子がそれだけ制限された生活送ったのは大変だったのでしょうね。。
私は9日間でしたが、それでもいろいろあったので入院・手術日記に書きますね(^^)


イヴォンヌさん、
虫垂炎といっても簡単なものから命にかかわるものまでいろいろあるのでバカにできません~~。
えりぷー |  2012.11.09(金) 19:17 | URL |  【編集】

ユメミーさん、
ホントそうですよねー。
今回もたまたま見つけてもらった感じなのでこういうのが運で決まるっていうのは恐ろしいですよね(^^;)


シネマさん、
私は病院嫌いなのでめったにいかないし、入院もしたことなかったのですごくこわかったです(;;)
二度と手術したくありませんー
えりぷー |  2012.11.09(金) 19:20 | URL |  【編集】

Yoshiさん、
救急車で来た人を優先するとわかっててもなかなか呼ぶ気にはなれず我慢したら結局こうなりました(;;)
内臓の痛みなんて自分ではどこが痛いのかはっきり言ってわかりませんよね
。今回思い知りました。
えりぷー |  2012.11.09(金) 19:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eri62.blog68.fc2.com/tb.php/601-ed6cfa00

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |