08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

大根ステーキ

2011.11.19 (Sat)

レシピブログさんのモニターで当たった「ヤマキ 割烹白だし」

普通に何かを煮る時に使っているのですが、今回は和洋折衷~。お酒のおつまみにぴったりです

DSCF4593 (2) (480x371)
<材料(二人分)>
大根・・・6~8cm
水・・・適量
白だし・・・大さじ2
わけぎ・・・適量
とろけるチーズ・・・適量
バター・・・15g
醤油・・・大さじ2

<作り方>
1、大根は半分の長さに切り、面取りをして隠し包丁を入れておく。
2、鍋に湯をわかし、白だしを加えて1を下ゆでする。
3、フライパンにバターを溶かし、水気をふきとった2を入れて両面を焼き、醤油を加えて絡めるように焼く。
4、とろけるチーズを乗せてふたをする。
5、お皿に盛り、わけぎの小口切りを散らす。

★茹で時間はお好みで調節してください。柔らかいのが好きな方はじっくりと~。

白だしがほんのり染みた大根、美味しいです


割烹白だしを使った料理レシピ
割烹白だしを使った料理レシピ


さて、今夜は高校時代の友人たちと素敵なレストランでお食事会~楽しみだわ



スポンサーサイト
07:57  |  レシピ  |  Trackback(0)  |  Comment(9)

Comment

大根をチーズ。。。

興味が凄くあります~

TVでコンビニおでんを特集していて
チーズトッピングをしているところがあり、
食べたいと思いましたが、
どこかを聞き逃したんですよね。。。
絶対に食べてみたいです~
タミリン |  2011.11.19(土) 11:09 | URL |  【編集】

これは良い♪
ビールが進みそうです^^v
これからの季節、ふうふうして食べたいわ~♡

素敵なレストラン、楽しんで来て下さい!
くまりん |  2011.11.19(土) 16:17 | URL |  【編集】

煮た大根にとろけるチーズでおいしそう~

ステキなレストランでの食事楽しんできてくださいね♪
イヴォンヌ |  2011.11.19(土) 19:35 | URL |  【編集】

お肉のステーキは無理だけど~

大根ステーキなら、大歓迎~~~

ポンシュがすすむくん~v-10
シネマ大好き娘 |  2011.11.20(日) 04:47 | URL |  【編集】

お野菜一杯で良いですね^^
こちらはお野菜が高いので羨ましいです!
キャベツって確かに色んなお料理に出来るけど、貰いたてをおすそ分けって素晴らしいですね^^ 皆様、喜ばれたでしょうね!
大根ステーキは作りたいと思うけど、煮るだけで終わってしまいます。。。
お粗末な紹介でごめんね。。。
おまけに今年の紅葉もお粗末そうですね~
いにわ |  2011.11.20(日) 11:55 | URL |  【編集】

むむ、大根にチーズなんて経験ありません。
目をつむって味を想像してみました。
イケるかも。
よっちゃん |  2011.11.20(日) 12:59 | URL |  【編集】

タミリンさん、
大根を洋風にアレンジって結構いけます~~(^^)
大人も子供も楽しめる味だと思います♪


くまりんさん、
普通の煮ものももちろん好きですが、たまには趣向を変えてみてもいいですよね~~。
お酒がすすみまくりのはずです(^^)
えりぷー |  2011.11.20(日) 19:44 | URL |  【編集】

イヴォンヌさん、
大根を煮たものにチーズって意外といけるんです(^^)
通常の煮物に飽きたらステーキにしてます♪


シネマさん、
大根のステーキだったらいくらでも入りそうな感じです(^^)
日本酒もワインも進みますよ~~♪
えりぷー |  2011.11.20(日) 19:46 | URL |  【編集】

いにわさん、
キャベツ8個は圧巻です(^^)お店をやっていると重宝しそうですね♪
こちらはおすそ分けしてもまだまだあるのでひたすら食べ続けています。。


よっちゃんさん、
大根を和洋折衷味にするって意外とイケるんです♪
お酒がすすみまくりです(^^)
えりぷー |  2011.11.20(日) 19:52 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eri62.blog68.fc2.com/tb.php/462-05cc0e46

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |